コラムランド

コラムランドは全員参加型講義。
東京工業大学で実践されている、文章力向上のための、少し変わった講義です。
毎週異なるお題でセッションが開かれます。
小説、評論、詩、エッセイ、などなど、提出する作品は「なんでもあり」。
思い思いのコラムを書きあげてポストへ。
先輩コラムニストさんたちが厳正に審査して
事前にA、Bブロックで12作品ずつに厳選し印刷します。

講義では、この12作品を各ブロック6〜7人の班で読みあい、意見を交換しあいます。
配られた時点では、作品はすべて作者不明。
仲間の誰かが書いた作品ではあるのだけれど、誰が書いたのかは分からない。
読者さんも作者さんも入り乱れ、
アットホームだけど緊張感のある雰囲気で、議論は進みます。

「ここが面白い!」「ここはちょっと…」十人十色の作品に、
次々飛び出す熱い批判や感想。
作者さんはもちろん自分が書いたことは黙っているのがルールですが、
ひとたび自分の作品が話題にのぼればドキドキです。

「これがよかった!」という作品に各班で投票して、講義の最後には結果発表。
作者さんが名乗りを上げた瞬間、周りからは驚きの声が。
えっ、お前が書いたのかよ!

講義終了後とWebの掲示板には、
講義では収まりきらなかったかたがたのためのさらなる場外乱闘の場が。
熱い議論を交わしながら、コラムニストさんどうしの親交も深まります。